島村楽器 ららぽーと柏の葉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと柏の葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフ紹介】大下の音考察風ひとり言 第1回

皆様こんにちわ!ららぽーと柏の葉店の大下と申します。アコースティックピアノ、管楽器、楽器、防音関係の担当をしています。
これまでいろいろところで書き溜めていたもの、普段考えていることを少しずつ投稿していこうと思っています。

まずは簡単に自己紹介。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170629200244j:plain
名前:大下 研吾(おおした けんご)

当社認定アドバイザー資格

  • ピアノシニアアドバイザー
  • 管楽器シニアアドバイザー
  • 楽器アドバイザー
  • ギターアドバイザー

担当商品

自己紹介
楽器のことなら何でもお任せ下さい!上記の担当商品以外でもどんなものでもしっかりとご案内致します。
ずいぶんと前の記事ですが、自己紹介のページです。
http://www.shimamura.co.jp/shimablo/kashiwa-h/noda/index.php?itemid=27047
その他にも島村楽器のHPで『柏の葉 大下』と検索すると自己紹介ページがいくつかご覧いただけます。
ぜひお立ち寄り下さい。

それでは、今回はブログを書こうと思ったきっかけと音の考察をご紹介します。

数年前、左耳が中耳炎になりました。生まれて初めてです。ちょっと風邪をこじらせてなってしまい、鼻をすすっていたら様子がおかしい。慌てて病院に行きましたが手遅れでした。小さな子がかかる病気に大人がかかると大変ですね。物凄く痛いし、長引くし。そんな中で一番困ったことは方耳が聞こえないということです。飛行機などで耳がキーンとなって治らない感じに近いです。そんな普段とは違う状況が続き、「音って何だろう?」という疑問を持つようになりました。方耳は聞こえるのに方耳が塞がっているだけでいつもと全く違う世界になってしまうのは何故か?いい音とは何か?そもそも耳はどうやって音を捉えているのか?楽器屋を10年やってますが、改めて「音」そのものについて学んでみようと思うようになりました。
中耳炎のメカニズムはこち中耳炎 - Wikipedia不要な情報でしたね。。。

そしてもう一つ。音楽を聞くのが大好きで、それが講じて楽器屋さんになった私ですが、よくよく考えてみると音そのものをしっかりと意識したのは比較的最近でした。はっきりと覚えている一番古い記憶は、2006年のことです。バンド系の音楽が好きな私が当時聞いていたCDで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドの当時発売された直後のアルバム「ステイディアム・アーケイディアム」というものがありました。その1曲目の出だしのドラム、特にスネアの音を一発聞いただけで得も知れぬ衝撃を感じました!ただそこで発している一つだけの音に絶大な説得力を感じてしまいました!そしてその音を出しているアーティストにはもちろん、その音を音源化したエンジニアにも尊敬の念を抱かずにはいられませんでした!その頃から、音楽を聴くにも、楽器に触れるにもそれまでとは違う繊細な意識を持てるようになったと感じています。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170629202418j:plain

今回は本当にひとり言のようになってしまいました。これから不定期で少しずつですが、もう少しお役に立てる情報を掲載していく予定です。
今後ともよろしくお願い致します!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.