島村楽器 ららぽーと柏の葉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと柏の葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

☆柏の葉店 スタッフブログ vol.76☆前田

低音塾Vol.2~プレシジョンベースとは~

みなさん、こんにちは!柏の葉店のベース担当前田です。

前回からベースに関しての記事を書いていますが、今回からタイトルを「低音塾」にしようと思います!

では今回はプレシジョンベースについてです。

プレシジョンベースとは・・・

ZPB1M

プレシジョンベースはFender社より1951年に発売され、エレクトリックベースとして大成功を収めたベースです。

その名の通り、正確に(プレシジョン)音程を出せるのが特徴で、このベースより前はフレットレスが基本でした。

このプレシジョンの次に発売されたのがジャズベースなのですが、ジャズベースとどこが違うのでしょうか?

ピックアップが1つ!

音を拾うピックアップが1つだけという潔い仕様です!シンプルなのでとにかく頑丈!

そういえばプレシジョンベースってパンクやメタルバンドで使用している人が多いですね!

ネックが太い!

ジャズベースと比べると、ナット幅が広いです。初心者には弾きにくく感じると重いますが、ネックが広いからこそ出る音の厚みがあると思います。

音の違い

ジャズベースは中音域のトーンが豊かで歯切れが良い音なのに対して、プレシジョンベースは重低音がしっかりと出て、音の輪郭が少しぼやけるイメージになります。またプレシジョンベースは楽器本体で音を作りこめないので、右手のピッキングで出音をコントロールをする必要が高く、玄人プレイヤーに所持率が高いと思います。


簡単にあげるとこんな感じですね!

私前田は少し前までプレシジョンベースの音が嫌いだったのですが、最近R&Bやソウルを聞くようになって大好きになりました!

Marvin Gayeの「What's Going On」でベースを弾いているジェームス・ジェマーソンの音は、「これぞプレベ!」という音で素敵です。

あとはJackson5の曲などもプレベらしくて良いです!

是非聞いてみて下さい!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.