読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 ららぽーと柏の葉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと柏の葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

☆柏の葉店 スタッフブログ vol.40☆大下

こんにちは!
関東ではよく木下「きのした」と間違われる大下「おおした」です。

大下画像

両親の出身地の広島ではポピュラーなのですが、こちらでは10回に3回くらいは間違われます。関東の大下さんあるあるの第一位です。そうですよね、関東の大下の皆さん!!

さて、前回音についてお話しをさせていただきました。
今回はピアノと電子ピアノの違いについてお話ししようと思います。
店頭でお客様とお話しをしていると、よくどちらが良いか迷っているというご相談を受けます。
まずは何が違うのか、それぞれのメリットとデメリットを挙げてみます。

アコースティックピアノ

打鍵すると中のアクションが動き、をたたいて音を出します。その振動が響板に広がり、美しい音色をかなでます。

電子ピアノ

打鍵すると鍵盤内部のセンサーに反応し、音源部分から信号を出して内部のアンプを通りスピーカーで音を出します。
音源にはサンプリングと言う技術が使われており、これはアコースティックのピアノを環境を整えた上で録音し標本化します。そして各メーカーが威信をかけて調音、調整して音の素体を作ります。

メリットとデメリット

アコースティックピアノのメリット

  • 表現力は圧倒的!強弱はもちろん、音色の変化もしっかりと表現します。
  • 耐久性!メンテナンスを定期的に行っていれば長く使えます。一般的に量産機種でも人と同じくらいの寿命と言われることもあり、毎年の調律代を考えても最終的にはお得です。
  • 存在感!自宅に楽器があるという存在感がたまりません!!

アコースティックピアノのデメリット(と対策)

  • 大きさと重量。メリットにも書いたのですが、大きさと存在感がデメリットになることも。
     →現在の建築方に則って建てられている建物であれば絶対に設置可能なはずです。
  • 音の問題。良くも悪くも音量が出ます。
     →今は消音ユニットをはじめ様々な対策商品がございますので簡単に諦めずにご相談下さい。
  • 価格が高い。新品は40~50万以上です。
     →様々なメーカーがしのぎを削り、コストも品質も毎年向上しています。また、中古市場もしっかりとございますので、いろいろお選びいただけます。



電子ピアノのメリット

  • 自由に音量が決められる!消音してヘッドフォンも使えます!いつでも自由に練習ができるのが最大の魅力です!!
  • 価格が安い!安価なもので3万円程度からございます。もちろん価格によってタッチや表現力に差はありますが最高級のものでも30万円前後です。
  • コンパクトで軽い!場所をとらずに設置の自由度が高く、アコースティックピアノと比べて移動が楽です。
  • 様々な機能が楽しい!内蔵曲を流したり録音したり、中には譜面を表示する機種もあります!

電子ピアノのデメリット(とフォロー)

  • 表現力はアコースティックピアノに比べてもまだ劣っていると個人的には感じています。
     それでも凄いスピードで進化を続けており、10年前の電子ピアノと比較するととても進化しています。
  • 耐用年数。一概には言えませんが、やはり家電と同じ部分はございます。不具合が起きた時に修理するか買い換えるかの選択は迫られるかと思います。
     とは言え、私の実家の電子ピアノは20年くらい使えてました。

私がざっと思いつくのはこんな感じですが、それぞれいいところも悪いところももっともっとあると思います。どちらが良いかを選択するのは大変な問題ですが、私が考えるヒントは

音が出せるかどうか

何年使うのか

コンクールに出るか

といったポイントで選択していただけたらと思っております。
個人的には置ける環境にあればアコースティックピアノをお勧めします。

お力になれましたでしょうか?

次回は元気な元気な武藤店長の登場です!
お楽しみに!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.