島村楽器 ららぽーと柏の葉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと柏の葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ピアノ】PRAMBERGER工場に行きました!グランドピアノ編Vol.2

シマブロをご覧の皆様、いつもありがとうございます!!
前回に引き続き製作工程の続きとなります。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601180213j:plain
ピアノの脚ですね!たくさんあります。ピアノって以外とバラバラにできます。
最近はバラして納品するシーンも多く見られるようになりました!
こちらも塗装後のバフがけ作業です。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601180500j:plain

譜面立てもピカピカにしてます。
大森もこちらの作業を行ったことがありますが、大変です!

別の現場では鍵盤の製作、調整作業を行っております。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601180714j:plain
慣れって凄いです。スピードと正確さが達人です。

さて完成待ちのグランドピアノがたくさんあります!!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601180943j:plain

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601181054j:plain
キレイですね!!

どんな良いピアノでも諸々のパーツの馴染みと調整が必要です。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601181217j:plain

こんな機械にピアノをセットして、2~3万回程鍵盤を押し、叩き続けてくれます。
これで馴染ませます。ここの部屋はこの世の終わりのような音が永遠と鳴り響いていました。

各工程の担当者が細かい作業を経て、グランドピアノが完成します。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170601181734j:plain

ここからはアップライト同様、かなり細かく、厳しい検品が待ち受けております。

いかがだったでしょうか?今ピアノをお持ちの方もそうでない方も以外と知らない製作現場!
直で見るとより愛着がわきます!

次回は番外編!こんなピアノもあるのか!?です。お楽しみに!!

第3回アコパラ千葉地区レポート

f:id:shimamura-music:20170420145338p:plain
5月20日にイオンモール幕張新都心イオンホール特設会場で開催された、
第3回アコパラ千葉地区予選の様子をレポート致します!!
アコパラとは、島村楽器が主催する、アマチュアミュージシャンによる
全国規模のアコースティックサウンドのライブイベントです。
今回は千葉エリア応募総数206組の中から選ばれた11組のアーティストによる千葉地区大会の模様をお届け!

それでは当日の様子を早速ご覧下さい!

開場〜開演

f:id:shima_c_makuhari:20170522110513j:plain
f:id:shima_c_makuhari:20170522110659j:plain
開場から徐々にお客様も増えて、始まるころには沢山のお客様が。

開演

No.1 Helvetica Girls(市川コルトンプラザ店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522110858j:plain


市川コルトンプラザ店エントリーのHelvetica Girlsさんの演奏からスタート!
2曲目スネアリブは聴くほどにクセになりますね!!
ボーカルの歌唱力、そしてハモりが心地よく響いていました。

No.2 KiRi(津田沼パルコ店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522111328j:plain


イメージカラーは赤!津田沼パルコ店エントリーのKiRiさん。
ギターでの弾き語りはまだ始めて9ヶ月とのことでしたが、
楽曲とそれを届ける演奏、歌声、しっかりと届いていました!!

No.3 高橋 淳(アリオ柏店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522112027j:plain


続いて3組目はアリオ柏店から高橋 淳さん。
まっすぐにという言葉の通り、まっすぐな歌声で2曲を披露。
愛、願い、思い、芯の通った演奏でした!

No.4 藤 慎太郎(ユーカリが丘店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522112804j:plain


続く4組目はユーカリが丘店から藤 慎太郎さん。
間をたっぷりと、表情豊かに歌い上げていました。
世界観、景色の見える素敵な演奏でした!

No.5 佐久間 元樹(津田沼パルコ店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522113349j:plain


津田沼パルコ店からエントリーの佐久間 元樹さん。
今大会唯一のソロギター、その音色にぐっと惹き込まれました。
まさにギター一本で魅せるステージ!圧巻でした。

No.6 糸永 剣都(千葉店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522114603j:plain

千葉店から糸永 剣都さん。表現力、説得力、ドラマティックさで勝負します。
この言葉の通り、抑揚と間で空気をガラッと変えます。
物語、そのシーンが浮かぶ、そんな演奏でした!

No.7 yuya takahashi with 後藤 宗一郎(ユーカリが丘店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522115441j:plain


いよいよ後半戦へ!ユーカリが丘店よりyuya takahashi with 後藤 宗一郎さんの登場です。
ギターのフレーズが心地良く、自然と体が揺れます。
会場が一つになり一緒に歌う場面もありました!

No.8 赤澤 秀駿(イオンモール成田店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522122653j:plain


実年齢とかけ離れた渋い声!イオンモール成田店エントリーの赤澤 秀駿さん。
この日が20歳のお誕生日だったんです!お誕生日おめでとうございます!!
歌声だけでなくその存在感で会場をさらに盛り上げていました!

No.9 松丸 廉(イオンノア店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522120845j:plain


9組はイオンノア店よりエントリーの松丸 廉さん。
特徴的な声で、すっと入ってくる透き通るような歌声でした。
2曲それぞれに色があり、それを見事に表現していました!

No.10 りさ(ららぽーと柏の葉店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522121717j:plain


いよいよ、終盤、10組目はららぽーと柏の葉店よりりささん。
清々しく爽やかな歌声を響かせます!
笑顔で朗らかに歌い上げていました。

No.11 青木 たくみ(イオンモール幕張新都心店)

f:id:shima_c_makuhari:20170522121909j:plain


トリを飾ってくれたのはイオンモール幕張新都心店エントリーの青木たくみさん。
MCでは初めましての方が多いのを逆手に取り見事に会場を一体化!(笑)
楽曲では歌い出しからしっかりと惹き込んでいました。

表彰式

グランプリ yuya takahashi with 後藤宗一郎(ユーカリが丘店エントリー)

f:id:shima_c_makuhari:20170522125649j:plain

ベストプレイ賞 赤澤 秀駿(イオンモール成田店エントリー)

f:id:shima_c_makuhari:20170522125616j:plain

オーディエンス賞 青木 たくみ(イオンモール幕張新都心店エントリー)

f:id:shima_c_makuhari:20170522125547j:plain

最後に皆さんで記念撮影

f:id:shima_c_makuhari:20170522125847j:plain

イオンモール幕張新都心のグランドモール3階にあります
イオンホールにて開催されたアコパラ千葉地区大会!
沢山の方にご来場いただき、大盛況で幕を閉じることができました。
お集まりいただきありがとうございました。

次は全国大会です!yuya takahashi with 後藤 宗一郎さん、全国でも頑張ってください!

全国大会開催迫る!!

アコパラ全国大会を6月11日、横浜赤レンガ倉庫 1号館ホールで開催致します!

日程 6月11日(日)
会場 横浜赤レンガ倉庫 1号館ホール
開場 / 開演 開場13:30 / 開演14:00
料金 ¥1,000(税込)
ゲスト soultyfrog(第2回アコパラ全国大会グランプリ)

今年で3回目の開催となるアコパラ全国大会の様子をぜひ生でご覧下さい!

開場周辺地図


アコパラとは…?

アコパラとは島村楽器がプロデュースする、アコースティックサウンドにこだわったライブイベントです。
今年から始まったこのイベントはショップオーディションを経て、地区ファイナル、全国大会へと駒をすすめてゆき現在多数の方のご参加をいただいております。
詳しくはこちらをご覧ください。
アコパラとは

お問い合わせ

チケットのお求め、ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください!

ららぽーと柏の葉 04-7135-7305
担当 大森

【ピアノ】PRAMBERGER工場に行きました!グランドピアノ編

シマブロをご覧の皆様!いつもありがとうございます!
前回に続き大森が現地で見てきた風景を伝えます!

今回はグランドピアノですね。
アップライトピアノと比べても弾き心地、性能が別格のピアノです。
そんなピアノの製造工場も見ることができました。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160426j:plain

相変わらず広いですね!!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160458j:plain

分かりやすく「GRAND PIANO」
とあります。

さて、中に進みますと・・・
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160643j:plain

いきなり凄まじい姿になっているがありますね。貴重ですよ!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160808j:plain

1つ1つが機械と手作業で丁寧に組み合わさって、
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160846j:plain
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160916j:plain

何となく姿が完成していきますが、まだまだです。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524160957j:plain

コンベアーに流され、上面の平面出しを行ってます。

そして外装として突板を丁寧に貼り、f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524162352j:plain
機械で圧着してきます。f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524162419j:plain
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524162444j:plain
雰囲気出てきました!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524162515j:plain

ここで塗装まで行ってしまいます。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170524162748j:plainf:id:shima_c_kashiwa-h:20170524163247j:plain

水研ぎはこのサイズだと大変ですね。塗装の平面出しはとても重要な作業です!!


完成まで、たくさんの工程がありますが、今回はここまで!
次回をお楽しみに!!

【ピアノ】PRAMBERGER工場に行きました!

シマブロではお久しぶりららぽーと柏の葉店の大森です!

今回はタイトルの通り、ピアノのブランド【PRAMBERGER】の製造工場に
行ってきました!
場所はインドネシアジャカルタです!!暑い!!!

工場は広くて全て見るのは暑さもあり一苦労です。

肝心の中はというと、
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200142j:plain
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200214j:plain

完成前のピアノがたくさんです。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200238j:plain
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200248j:plain
響板がこんな姿に!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200334j:plainf:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200351j:plain

パーツも丁寧に組み込んで、、f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200418j:plain

機械に流され、、f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200453j:plain

あっという間にそれっぽく!!

鍵盤もしっかり1枚板で出来てます!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200514j:plain
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200624j:plain

現地の人間の熱い想いが一つ一つの工程でにじみ出ており、完成度がかなり高いです。
そんなこんなで検品作業までいきました。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521200834j:plain
こんなアイテムを使い、傷、塗装、板の歪み等のチェックを「日本人は細かい!」と言われるまで
行います。f:id:shima_c_kashiwa-h:20170521201031j:plain
大森も参加しました!今回スタッフとしては私含め3名が現地に向かいました。
「何か見つけてやる」と必死です。
現在店頭に展示しています「PV115」というモデルとなります。

検品した物が日本に来るのは楽しみですね!

実際にはかなり細かい作業とブランドを扱っております。情報が多すぎて伝えるのが大変ですが、
もしピアノ購入を検討されていたり、この内容の続きが気になる方は「大森」をお呼び下さい。
御案内いたします。

それでは次回、「グランドピアノも作っていた!?」です。お楽しみに!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.