島村楽器 ららぽーと柏の葉店 シマブロ

島村楽器 ららぽーと柏の葉店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

バイオリンプレーヤー必見!テクニック集①~ヴィブラート編~

こんにちは♪柏の葉店バイオリンインストラクターの小山です!

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715205731j:plain

バイオリンプレーヤーの方は誰もが憧れるヴィブラート
ヴィブラートふが出来ると音の伸びが良くなり響きが倍増します。
表現力を磨きより音楽的に演奏できるようにしていきましょう。

では簡単にレクチャー致します!

1.指をほぐす体操をしましょう
まず親指に人差し指を指すようにして丸く輪っかを作ります。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715201647j:plain
こんな感じです。(汚い手ですみません笑)

輪っかを作ることができたら第一関節を伸ばすようにしてへこませます。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715201654j:plain

動画にするとこんな感じです

2.バイオリンを持って動かしてみましょう
全部の指をほぐすことができたらバイオリンを脇で抱えて同じように動かしていきます。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715204539j:plain

親指は強すぎず軽く下から支えてあげるのがポイントです!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715204641j:plain

ネックと四本の指の隙間は少し空けて下さいね♪
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715204800j:plain

3.楽器を正しく構えて練習してみましょう
1と2が全て出来たら4回ずつ指を動かしていきます。
この動画のように手首がまっすぐになっていることがポイントです!

いかがでしたでしょうか?
ヴィブラートでつまずいていた方も多いのではないでしょうか。
続きはレッスンでお教えいたします!
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715205211j:plain

こちらの楽譜もオススメ
店頭に在庫がございますので見にいらしてくださいね♪
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170715201701j:plain

NEW!バイオリン体験会7・8月の開催日程です♪

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170716084016j:plain
体験できる日付を上記の日程からお選びください。
今までお子様やご家族のために頑張ってこられた皆様。
これからは自分のための特別な時間を作ってみませんか?
ヴィオラでの体験レッスンも大歓迎です!
お申込みは↓のリンクからお問い合せいただくことができます。
www.shimamura.co.jp

オーケストラや室内楽に所属している方も募集しています

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170716194413j:plain

対象楽器 ヴァイオリン・ヴィオラ
レッスン形態 個人
お問合せ 04-7135-7306
担当者 小山

体験日以外の日程以外でもご予約いただけます。お気軽にスタッフにご相談下さい。

【ドラムセミナー&フェア】YAMAHAの電子ドラム「DTXシリーズ」の体験セミナーが、7/15(土)に開催決定!また、7/15(土)~7/17(月)までの期間、DTXシリーズを購入の方に豪華特典あり!

YAMAHA電子ドラム、「DTXシリーズ」の体験型セミナーを開催致します!

皆様こんにちは。柏の葉店ドラム担当の塩田です!
「ドラムを始めてみたい」、「ドラムに憧れていた」、「軽音楽部に入部したため家でも練習がしたい」、そんな皆様へこちらのセミナーをご案内致します!家でも手軽に、気軽に叩ける電子ドラムを使った体験型のイベントです!!今回は、あのYAMAHA電子ドラム、「DTXシリーズ 」を使用し、専門のインストラクターが機能の使い方までレクチャーします!DTXシリーズにはあなたのトレーニングをサポートする機能が満載。はじめての方でも楽しくドラムを始められます。またセミナー当日はヤマハインストラクターがドラムに関する質問にもお答えします!初心者・経験者を問わず、参加頂ける無料のイベントですよ!

YAMAHAドラムインストラクター 河原井みつる氏

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170713172811j:plain
ミュージックファシリテーター/ヤマハ専属ドラムインストラクター

ドラマーとして音楽との対峙の仕方を探究し続け「音楽のほんとうの楽しさとは、演奏を通じたコミュニケーションだ」そう気づき、「演奏で笑い合うたのしさ」を 体感する方法を確立。コミュニケーションをコンセプトに音楽が楽しめるイベント音楽笑学校を考案。全国の小学校、ハンディキャップ施設にて開催。現在まで多くの人に、“音楽と笑い”を提供している。音楽の楽しさを促し、笑顔を作るミュージックファシリテーターとして音楽活動マネジメントやイベントの司会業もこなすマルチな活動を展開中。

日程 7月15日(土)
時間 1回目12:00~12:45 2回目14:00~ 14:45 3回目15:00~15:45 
会場 ららぽーと柏の葉 本館3F 島村楽器 店内スタジオにて
参加費 無料(事前予約制/各回定員5名様)
お問合せ先 04-7135-7305
担当 塩田

7/15(土)~7/17(月)の期間限定!DTXシリーズ購入の方に特典あり!

7/15(土)~7/17(月)の3日間、DTXシリーズ購入の方には豪華特典をプレゼント致します!]]電子ドラムの購入を検討されている皆様、是非この機会に自分に合った1台をお選びください!

お支払い、お問合せについて

1.店頭でのお支払い方法

※一部、ご利用できないカードや商品券もございますので予めご了承下さい。

2.代引き着払いでのお支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
商品代金+代引き手数料+送料=合計金額 商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

音楽のある生活をもっと身近に、もっと楽しく。新・音楽生活サポート宣言。

1. お1人おひとりに合わせたレッスンカリキュラム]]2.音楽生活を充実させるイベント]]3.専門店ならではの豊富な知識を持ったスタッフが楽器サポート
島村楽器があなたの音楽生活をトータルサポートいたします。詳しくは新・音楽生活サポート宣言。をご覧ください。

お問合せ先

店舗名 島村楽器ららぽーと柏の葉
電話番号 04-7135-7305
担当 塩田

Martinメンテクリニック in ららぽーと柏の葉 開催決定!!

Martinメンテクリニック in ららぽーと柏の葉

f:id:shima_c_kashiwa-h:20170704160523j:plain

7月23日(日)
Martinギターが店頭に並び、
店頭特設スペースにて点検会を実施致します!

お使いのMartinギターの調子はいかがですか?
以前と比べて弾きずらくなった、気になるところがある、何だか調子が悪い…などありませんか。
そんな皆様へ向け、正規代理店である黒澤楽器様のご協力のもとメンテナンスクリニックを開催いたします!
交換やネック調整ならばその場で実施、それ以外のお悩みには原因や対策をお答えしていきます。(修理が必要なものは通常どおりお預かりとなります)
Martinユーザーの皆様、この機会にぜひご参加ください!

ご予約制ですので、お早めにお問い合わせ下さい!

※お客様1名につき対応させて頂く時間は30分を目処として、ギターに関するあらゆるご相談や、お持ち頂いたギターのメンテナンスをさせて頂きます。
時間内に完了できる簡単なメンテナンスは無料で行います。
時間内に完了できない作業となる場合は、後日宅配にてお預かりさせて頂く形で、有償メンテとして承ります。

日時 2017年7月23日(日)
開催時間 11:00~16:00(定員8名様)
会場 島村楽器ららぽーと柏の葉
診断時間 30分(お1人様・ギター1本)
参加費 無料
申し込み方法 店頭またはお電話にて事前にお申込下さい
電話番号 04-7135-7305
担当 大森

【スタッフ紹介】大下の音考察風ひとり言 第1回

皆様こんにちわ!ららぽーと柏の葉店の大下と申します。アコースティックピアノ、管楽器、楽器、防音関係の担当をしています。
これまでいろいろところで書き溜めていたもの、普段考えていることを少しずつ投稿していこうと思っています。

まずは簡単に自己紹介。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170629200244j:plain
名前:大下 研吾(おおした けんご)

当社認定アドバイザー資格

  • ピアノシニアアドバイザー
  • 管楽器シニアアドバイザー
  • 楽器アドバイザー
  • ギターアドバイザー

担当商品

自己紹介
楽器のことなら何でもお任せ下さい!上記の担当商品以外でもどんなものでもしっかりとご案内致します。
ずいぶんと前の記事ですが、自己紹介のページです。
http://www.shimamura.co.jp/shimablo/kashiwa-h/noda/index.php?itemid=27047
その他にも島村楽器のHPで『柏の葉 大下』と検索すると自己紹介ページがいくつかご覧いただけます。
ぜひお立ち寄り下さい。

それでは、今回はブログを書こうと思ったきっかけと音の考察をご紹介します。

数年前、左耳が中耳炎になりました。生まれて初めてです。ちょっと風邪をこじらせてなってしまい、鼻をすすっていたら様子がおかしい。慌てて病院に行きましたが手遅れでした。小さな子がかかる病気に大人がかかると大変ですね。物凄く痛いし、長引くし。そんな中で一番困ったことは方耳が聞こえないということです。飛行機などで耳がキーンとなって治らない感じに近いです。そんな普段とは違う状況が続き、「音って何だろう?」という疑問を持つようになりました。方耳は聞こえるのに方耳が塞がっているだけでいつもと全く違う世界になってしまうのは何故か?いい音とは何か?そもそも耳はどうやって音を捉えているのか?楽器屋を10年やってますが、改めて「音」そのものについて学んでみようと思うようになりました。
中耳炎のメカニズムはこち中耳炎 - Wikipedia不要な情報でしたね。。。

そしてもう一つ。音楽を聞くのが大好きで、それが講じて楽器屋さんになった私ですが、よくよく考えてみると音そのものをしっかりと意識したのは比較的最近でした。はっきりと覚えている一番古い記憶は、2006年のことです。バンド系の音楽が好きな私が当時聞いていたCDで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドの当時発売された直後のアルバム「ステイディアム・アーケイディアム」というものがありました。その1曲目の出だしのドラム、特にスネアの音を一発聞いただけで得も知れぬ衝撃を感じました!ただそこで発している一つだけの音に絶大な説得力を感じてしまいました!そしてその音を出しているアーティストにはもちろん、その音を音源化したエンジニアにも尊敬の念を抱かずにはいられませんでした!その頃から、音楽を聴くにも、楽器に触れるにもそれまでとは違う繊細な意識を持てるようになったと感じています。
f:id:shima_c_kashiwa-h:20170629202418j:plain

今回は本当にひとり言のようになってしまいました。これから不定期で少しずつですが、もう少しお役に立てる情報を掲載していく予定です。
今後ともよろしくお願い致します!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.